工事関連
  • 電気工事
  • 電気通信設備工事
  • テレビ受信設備工事
  • 無線通信設備工事
  • 太陽光発電設備工事
  • デジタルサイネージ
取り扱い商品関連
LED設備工事
防犯カメラ
ソーラー常夜灯
レンタルカメラマモリー
Bump-TV(バンプTV)

太陽光発電工事 太陽光発電の種類 取扱い機材 施工までの流れ 施工実績(一例) メンテナンス よくあるご質問

自然由来のエネルギーである太陽光を利用した発電は、エコロジーとエコノミー、両方の面で意味があり、大きく注目され続けています。「空き地」や「屋根」、さらに「畑の上」など、そのままではただのスペースである場所を「財産」にする、新たな投資の形として、ぜひご検討ください。日本サンライズではパネル配置図の作成からパネルの手配、さらに施工まで一貫してお受けします。ぜひお気軽にご相談ください。

太陽光発電の種類

産業用

産業用太陽光発電とは、企業が工場の上にパネルを設置したり、土地オーナーの方が空き地にパネルを設置したりする形態のことで、家庭用との最大の違いは「全量買取」であることです。すなわち、発電した電気は全て電力会社に売ることで「収入」となります。


家庭用

戸建住宅などの屋根に太陽光パネルを設置しているのを多く見かけるようになりました。これがいわゆる家庭用太陽光発電です。産業用との大きな違いは「発電した電気を家庭で使用でき、余った電気は売れる」ことです。電気代が値上がりし続けている現状、家庭内で電気をまかなえることのメリットは大きくなっています。


ソーラーシェアリング

新しい太陽光発電の形として近年注目を集めているソーラーシェアリング。これは畑の上にソーラーパネル用の台を作り、パネルと作物へ同時に日照を受けるものです。パネルの隙間を空けて設置することで日光の「シェア」を可能にします。後継者難や収入減に悩まされる農家の諸問題を解決できる可能性があるとして大いに期待されています。

ソーラーシェアリング協会

取扱い機材

日本サンライズは、これまでの施工経験で培った「プロの目線」で確かな品質の機材を選び、ご提案しております。
太陽光パネル

AXITEC(アキシテック)ソーラーパネル

公称最大出力の90%を15年保証&80%を25年保証!ドイツのメーカーによるソーラーパネルです。すべての出荷に対してEL(エレクトロルミネセンス)検査を実施する高い信頼性、変換効率15.98%(260W)を誇る高いコストパフォーマンス、さらに製品保証(材料不良や製造不良対応)は12年と業界最長レベルです。

≫ パンフレットのダウンロードはこちら

Looop(ループ)MY発電所キット

パネルと架台、パワコンなど、太陽光発電に必要な機材がオールインワンのセットになったものです。国内で多くの設置実績があるLooop社製で、基本的に約1100㎡の敷地があれば設置可能。お客様のほうで設置される場合はセットのみを販売いたしますが、弊社にて施工を含めてお引き受けすることもできますので、お気軽にお問い合わせください

≫ 詳しくはLooopのHPへ

またこのほかにも、ご希望に応じて国内および、海外の他社パネルに関してもお取扱い可能です。 詳しくはお問い合わせください。
パワーコンディショナー

国内生産で信頼度と人気の高い「田淵電機」や多くの実績を誇る「オムロン」など、さまざまな種類の取り扱い実績があります。発電基地の規模やパネルの種類に合わせて、最適なパワコンをご提案いたします。

発電監視システム

太陽光発電施設を設置した後に気になるのは、やはり「ちゃんと発電しているか」でしょう。天候による発電量の変化や、毎日の記録、そして何より機械に不具合が出ていないかのチェックをするためにも、発電監視システムの導入をお勧めしています。

ナビ・コミュニティ 「太陽光エコナビシステム」

「高い計測精度を誇る計量法を採用した発電監視システムです。家庭用では発電量に応じたポイントを貯めてプレゼントと交換可能。

≫ エコナビシステムについて詳しくはこちら

Looop 「みえるーぷ」

低価格ながら高機能を誇る監視システム。1台で最大20台までのパワコンとの接続・監視が可能です。

≫ みえるーぷについて詳しくはこちら

施工までの流れ

1. 設置場所の調査

最初に、設置を検討されている場所の調査を行います。面積や日当たり、資材運搬の可否などから、最適な太陽光発電の形を探ります。逆に、周囲の条件などから太陽光発電に向いていない場合にはお勧めすることはありません。

2. 発電シミュレーション・ご検討

調査したデータをもとに最適な太陽光パネルを選定し、発電料金のシミュレーションを実施します。それにより具体的にご検討いただき、工事決定の場合、ご契約となり、次のステップへ進みます。

3. 各種申請・手続き

総務省への届出や、電力会社への申請などをサポートします。また、タイミングによっては地方自治体や国から補助金も受けられますので、その情報をお伝えします。多くの場合、許可までに長い期間(1か月以上)が必要になりますので、なるべく余裕を持った計画で進めていきます。

施工実績(一例)

野立(遊休地、元耕作地等へのパネル設置)

東広島市 廿日市市
東広島市 廿日市

工場屋根・屋上

東広島市
山口市

家庭用

一般家庭(廿日市市) 一般家庭(五日市)
廿日市 広島市
一般家庭(五日市)  
五日市  



メンテナンス

太陽光発電設備は、導入時に「メンテナンスがほとんどいらない」といった説明をされることも多いかと思います。実際屋外に長期間設置されるという形態からして、あまり細かな手入れを必要としませんが、とはいっても機械ですので完全に放置する、というのも推奨できません。気象条件の変化、自然災害の影響等から、安定的な運用ができなくなる可能性もあります。「最近おかしいな」と思ったらまず点検してみることをお勧めします。
定期点検査

「いつもと違う発電量になっている」とすぐわかるのは、いつものデータを把握しているからこそ。機器自体の発電やパワーコンディショナーの運用などが正常かどうかの点検を承ります。 ※太陽光パネルのメーカーによってはライセンスが必要になるので別途メーカーにお問い合わせください。

交換作業

太陽光パネルとセットで設置されるパワーコンディショナーの寿命は10年ほどと言われます。設置環境によりばらつきはありますが、20年の売電期間中に交換が必要になることも多いと予想されます。そういった際の交換作業についてもご相談ください。

パネル販売元様からの提携のご相談も承っております。

よくある質問

1. 総合的な質問
どれだけの期間、電力の買取をしてもらえるの?

家庭用では10年間、産業用では20年間で設定されています(2015年4月現在)。

メンテナンスは必要ないの?

基本的に細かなメンテナンスはあまり必要としませんが、完全にメンテナンスフリーとはいえません。
長い目で見ると確実な発電につながるので数年に一度くらいのペースでメンテナンスお勧めします。

施工対応エリアはどこ?

基本的には広島県内およびその周辺となります。詳しくはご相談ください。

工事はすぐ始められるものなの?

設備の申請などの手続きがあるので、ある程度の期間が必要になります。場所の条件によっても変わってきますので詳しくは調査後にお打合せとなります。

2. 家庭用に関して
家庭用の場合発電ですべての電気をまかなえるの?

日中は天気が良ければ発電した電気で全てまかなえる場合もありますが、夜間は発電がありませんので、電気会社から電気を買うことになります。

どんな屋根でも設置はできるの?

基本的にはほとんどの屋根に設置可能で、屋根に穴を開けないタイプの設置材料などもあります。ただし、特殊な形状であったり、周囲の建物による日当たりの影響によって実施できないことがありますのでご相談ください。

3. 産業用に関して
もう使ってない畑に設置することはできるの?

耕作放棄地を太陽光発電基地として再利用されるのは比較的多いパターンです。ただし、農地は転用手続きが必要で、区分によっては転用が不可な場合もあります。

空き地の場合雑草が生え放題にならないか?

確かに雑草が生い茂って虫が増えたりパネルに影を作ってしまうと悪影響です。草刈りを行った後防草シートを敷くなどの処理をして防ぐ工事も行っています。

4. ソーラーシェアリングに関して
ソーラーシェアリングはどんな作物でも可能ですか?

作物の種類としては「多すぎる光を必要としない」植物が向いています。具体的にはじゃがいもやさといも、ショウガ、ミョウガなどがそれに当たりますが、このほかにも多数ありますのでぜひご相談ください。

農業の邪魔にならないか?

ソーラーシェアリングは、農業を同時に行うことを前提としていますので、3m以上の高さや5m以上の間隔での架台設置など、農業のしやすさに配慮されています。

よくある質問
Copyright © 2010 (Nihon Sunrise Inc.) All Rights Reserved.